アトピー性皮膚炎とは

慢性的に皮膚のかゆみが強く湿疹を繰り返します。患者さんの多くは、“アトピー素因”を持っています。
アトピー素因とは、アレルギーを起こす物質(アレルゲン)にたいして、反応しやすい体質のことです。また、正常な皮膚には“バリア機能”が備わっています。
これにより、外からの刺激から肌を守っています。このバリア機能が低下し、アレルゲンが侵入しやすくなっている状態(ドライスキン)もアトピー性皮膚炎の発症につながります。
このような遺伝的な体質に、乾燥した環境や、汗をかくこと、ひっかいて傷をつけたりすること、心的ストレスなどが、さらに誘因となるのです。
アレルゲンには、ダニ・ハウスダスト・カビ・植物の花粉などがあります。血液検査によって、自分のアレルギーの有無を知ることは、生活の上でも、大切なことです。


島根県出雲市直江4925番地1
電話番号:0853-72-1112